Smileのチャリティー活動・ECO(地球環境保全)活動

【環公害防止連絡協会】にアルミを送りました。


わたしたち有限会社スマイルは、カラー剤等のチューブを集めています。

お店で集めたアルミチューブを渡している先の【SPC関西】から
(私達有限会社スマイルが加入している団体です)
アルミを環公害防止連絡協会に送ってくれました

今回は20Kgで、送った総重量は233Kgになりました。
800Kgで車椅子1つになります。

今は車いすの3割程度ですが、800gになったらSPCは
どこに車椅子を寄付するか、楽しみです。

本当に必要とされているところに寄付して頂ければと思います。

その時は報告させていただきます。



スポンサーサイト

PageTop

【ECOキャップ推進協会】へキャップを送りました。



わたしたち有限会社スマイルは、ペットボトルのキャップや、
お店で使っているカラー剤等のキャップを集めています。


お店で集めたキャップを渡している先の【SPC関西】から
(私達有限会社スマイルが加入している団体です)
キャップを【ECOキャップ推進協会】に
送った旨の 報告を受けました。

今回送った数量は、4,000個で
累計個数が54,800個になりました。


SPC関西が送ったキャップの累計個数で
68.5人分のポリオワクチンにかえることができ、
このキャップをゴミ処理しないことで
432Kg のCO2を削減する事ができました。

------------------------------------------------

エコキャップ推進協会について・・・

エコキャップ推進協会は、キャップの売却益を
【NPO世界の子どもにワクチンを 日本委員会】に寄付しています。

寄付している金額は、、、

平成19年12月 236,060円
平成20年 6月 654,542円
平成20年10月 2,235,300円
平成21年 5月 5,378,000円
平成21年11月 10,100,000円

寄付累計額は18,603,902円になるそうです。
930,195人分のポリオワクチンをキャップで購入出来ています。



=======お願い==========


日本は、乳幼児期にポリオワクチンを接種しているので、
ポリオの感染は昭和55年以降ないそうです。

途上国には、ポリオの予防接種をしていない国があります。
ポリオ感染すると、ポリオウイルスが脊髄の一部に入り込み、
主に手や足に麻痺があらわれることがあり
その治療方法は無く、一生麻痺が残るそうです。

重症の場合は、胸の筋肉や横隔膜の麻痺や、
呼吸中枢のある延髄までウイルスにおかされて、
呼吸運動ができなくなり、死亡する危険が生じるそうです。


そんな病気が、ワクチン接種で予防できるのに
途上国では、接種する機会がありません。




いつも捨てている物が、ワクチンに代わります。
ペットボトルなどのキャップは800個で
1人分のポリオワクチンになります。

キャップを捨てる前にその事を思い出して下さい。
私達のお店が近ければ、お店に持って来て下さい。

お店が遠い場合は、エコキャップ推進協会等の
【NPO世界の子どもにワクチンを 日本委員会】に協力している
スーパーや酒屋さんの回収箱に入れて下さい。

お店は、大阪市の大正区・港区・中央区にあります。
詳しくは、サイドバーにあるお店のHPアドレスから・・・


有限会社スマイルからのお願いでした。



PageTop