Smileのチャリティー活動・ECO(地球環境保全)活動

カンボジアの研修生、スレイパオからメールをもらいました

先日、スレイパオ(去年、カンボジアから招いた研修生です)から、メールをもらいました。

多分、大きなパーティーがあったので知らせてくれたんだと思います。

所々私の知らない単語があってわからないので、

そのまま載せてみました。


hi it is My photo and my brother.
it is sbonser in CCH hi have to maread in CDCC .
and I have to in jouy it with friends of CCH .and I have to make up also .
it is sirst time for me to make up and have big paty



添付されていた写真の一部です。

h21.7.30c
h21.7.30b
h21.7.30a


元気そうにしている様子がわかったので安心しています。

研修生だったチャリアは高校へ進学し、スレイパオは高校2年生になるというので、陰ながら応援していきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

今月もスタッフが老人ホームに行ってくれました。Vo1


老人ホームに行ったスタッフのレポートです。


私は今回、初めて老人ホームのボランティアカットに行かせて頂いて最初はすごく緊張していて、どんな感じなのかも想像もつかなかったのですが、老人ホームに着いたらたくさんの方が待ち遠しく並んでいて、「早く!早く!!」と声を掛けられました。

最初の方はバリカンでスッキリさせて頂いて、次の方はカットさせて頂きました。

人の髪をカットしたことが無かったので、すごい手が震えました。けど、きれいになってもらいたいし、喜んでもらいたかったので必死にカットしました。

時間はかかってしまったけど、すごく喜んで下さって、「ありがとう」と言われた時は暑さも吹っ飛びました。

もっともっと喜んでいただけるには、自分に何ができるかな?と考えたりしました。

ボランティアカットに行って、普段経験できないことを経験できて、すごく良かったです。

次もまた行きたいと思いました。

月に一度待っていてくれるおじいちゃん、おばあちゃんの為に上手く、少しでも早く、たくさんの方にきれいになってもらえるために、しっかり勉強してレッスンしようと思います。

ボランティアカットに行かせて頂いてありがとうございました。



Give大正店 平野

PageTop

今月もスタッフが老人ホームに行ってくれました。Vo2

老人ホームに行ったスタッフのレポートです。


何回目かのボランティアカットでしたが、いつも喜んで頂き、僕たちも、とてもやりがいがありました。今回は4人で行かせて頂きましたが、カット後、皆に「どうやった?」と聞くと「楽しかったです」「勉強になりました」など、とても楽しんでもらったようで良かったです。

皆で一つの目的を共有するのはとても良いことですね。

また行きたいです。


Give大正店 河内

PageTop

平成21年4月13日【JHP・学校をつくる会】への寄付金は、7月6日 【JHP・学校をつくる会】のプノンペン事務所からカンボジアの2つの学校に文房具が贈呈されました。

平成21年4月13日【JHP・学校をつくる会】に寄付させていただいた寄付金は、【JHP・学校をつくる会】で建てられた学校の児童達に文房具(一人分、ノート1冊・ペン赤青各1本)を購入していただきました。

4月23日に【JHP・学校をつくる会】のプノンペン事務所からカンボジアの5つの学校に文房具が贈呈されました。


また、4月に文房具を購入した残りの寄付金は

7月6日 【JHP・学校をつくる会】のプノンペン事務所からカンボジアの2つの学校に文房具が贈呈されました。


チュランクポー小学校(バッタンバン県)に335名分の文具を
カムライン小学校(バッタンバン県)に326名分の文具を
贈呈していただきました。

h21.7.11a


h21.7.11b

h21.7.11c


皆様のご協力ありがとうございました。

PageTop

カンボジアへ帰国した研修生は、今カンボジアで頑張っています

一年前の今頃、カンボジアから来た研修生の

スレイパオとチャリヤはお店のお手伝いをしてくれていました。



今は、カンボジアで学校の勉強を頑張っているようです。


チャリアは高校へ進学し、

スレイパオは現在高校一年生を終えて次は2年生になるか、
それとも飛び級をして3年生に進級するかを
考えているところだそうです。

二人ともカンボジアで勉強のできる環境が整っているようで
安心しています。


今後、二人はどんな道に進んでいくかわかりませんが

陰ながら応援していきたいと思っています。

PageTop