Smileのチャリティー活動・ECO(地球環境保全)活動

カンボジア視察の報告

スタッフがカンボジア視察を店内にPOPで報告しました。

JHP学校をつくる会 で建設された学校を訪問した様子です。

明るい子供達の様子がうれしいです。
これからも、JHP学校をつくる会 に協力していきます。

こちらからご覧下さい。

スポンサーサイト

PageTop

11月12日~16日 スタッフのカンボジア視察のレポート Vo2

CCHの子供たちに見送られ、次に訪れたのはJHPの小学校。
学校に続く道の脇には大きな蓮池があり、そこに少年二人がはだかで水遊びをしていました。
泥まみれになって大きな蓮の葉っぱでじゃばじゃば楽しそうに自然の中で。
小学校の校庭につき車から降りると、来るわ来るわ、生徒たちがだーーっと駆け寄ってきて、日本語で「コンニチワ!」とみんなあいさつ。
私たちがカメラを持っているから写してほしくて、何十人、いや、100人以上いたと思います、生徒たちに囲まれました。
みんな笑顔でピースをしてよって来ました。こういうときにデジカメはコミュニケーションをとるのにとても役立ちました。
撮った写真をその場で見せてあげると「もう一回!」と言ってきたりしてものすごくテンションがあがっていました。
しばらくすると先生がカンカンカンと鐘の音をさせて授業の合図を。
すると生徒たちは名残惜しそうに教室に戻っていきました。教室は一階建てで10部屋ぐらい。
1教室4,50人の子供たちが二人がけの木の机に座って、おそろいの制服を着て大きな瞳で一生懸命勉強をしていました。

今までは朝・昼・夕を3部制で授業をしていたところやっと2部制になったそうです。
だけど教室、先生ともに足りていません。
私たちの行った小学校はかなり設備が整っている方で、やはり地方になると更に貧しく、小学校も少ないそうです。
義務教育なので学費は要りませんが、貧しい家では教材費すら払えません。
まして兄弟が多いとなると1人を通わせるのでやっとのこと。
きちんと小学校を卒業できるのは10人に1・2人。日本とは大違いです。
小学校を卒業できないとなるとまともに読み書きもできず、仕事をするのもなかなか難しいです。
小学校は1校あたり約500万円で建てられるそうです。そしてJHPでは現在199校を建てました。
今200校に向かっているそうです。

私たちはそのほか、ポルポト派の虐殺に使われたトゥースルン処刑所などにも行き、悲しい歴史で、子供たちが孤児になっている原因も知りました。
ゴミ拾いや物乞いをして貧しい暮らしをしているカンボジアで、1人でも多くの子供が小学校で勉強できるように、私たちも協力したいと現地に実際行ってみて強く思いました。

CCH孤児院にて美容師になりたいという15歳のタバリーちゃんと出会いました。
カンボジアは日本と違って国家試験制度ではないので職業訓練をすれば美容師になれるそうなので、来年私たちの元に来てカットなどの技術を学びに来日するかもしれません。
1人でも手に職をつけ美容師になってひとり立ちできるって…ステキですよね。

PageTop

11月12日~16日 スタッフのカンボジア視察のレポート Vo1 

日本を出て5時間、タイで乗り継ぎ、カンボジアの首都プノンペンへ。

まず始めに訪れた『JHP学校をつくる会事務所』では、現在のカンボジアの状況、過去を所長のウマさんが語ってくれました。
日本と違って小学校は、やっと3部制から2部制になったばかり。
それでも、まだまだ学校は足りていません。
義務教育で学費は掛からなくても、教材費が払えずに一家で一人の子供を通わせるのがやっと。
学校に行けない子供は、街に出て物売りをしたり、ゴミ山に捨てられている物を拾ったりしているそうです。

JHPの孤児院CCHに行くと、10人位の女の子が裸足で迎えてくれました。
子供達の自己紹介を聞くと「美容に興味がある」という子がいて、「I want to be a hairdresser」と人なつこい笑顔で腕を組んできてくれて、私もすごく嬉しくなりました。

子供達にカットをしてあげたり、日本から持ってきた子供用の浴衣を着せてあげたりました。
カットしている間には歌を歌ったり、男の子も浴衣を「着せてほしい」と言ってきたり、すごく楽しい時間でした。
カットしている間みんなが暑そうにしていたので、5,6才の子が日本から持って行ったうちわで扇いでくれていました。

「カット気に入ってくれたかな?」と少し心配していたのですが、カットが終った女の子にその子の友達が日本語で「かわいい」と言っているのを聞いて、ホッとしました。

PageTop

11月12日老人ホームにGIVE玉造店のスタッフが行ってきました。Vol.3

11月12日、GIVE玉造店のスタッフ3人が
老人ホームに行ってきました。

スタッフ3人目のレポートです。

11月12日に老人ホームへ、ボランティアカットに
行かせて頂きありがとうございました。
自分自身、あまりお年寄りの方と関わる事が
少なかったので、貴重な時間を過ごす事ができました。
ありがとうございました。

Give玉造店 高倉

PageTop

11月12日老人ホームにGIVE玉造店のスタッフが行ってきました。Vol.2

11月12日、GIVE玉造店のスタッフ3人が
老人ホームに行ってきました。

スタッフ2人目のレポートです。

今回で3,4回目の老人ホームで
スタッフの方に挨拶でき
気持ちを込めてカットでき、よかったです。
いつも切らせてもらってる方も
元気そうで、安心しました。
また行きたいと思います。

           Give玉造店 大野

PageTop

11月12日老人ホームにGIVE玉造店のスタッフが行ってきました

11月12日、GIVE玉造店のスタッフ3人が
老人ホームに行ってきました。

スタッフ(アシスタント)のレポートです。

私が老人ホームに行ったのは1年か2年前の事なのですが
すごく久しぶりに行かせてもらいました。
今回あわせて2回しか行った事が無いのですが、
おばあちゃんや、おじいちゃんは
前と変わりなく、私達の到着をすごく待ってくれていて
嬉しかったです。
今回はカットもさせてもらうので、すごく緊張したのですが
私のつたないカットでも、一人一人すごく喜んで
感謝してくれたのが、自分自身、すごくうれしかったのと、
もっとうまくなって、また今度もぜひ行きたいです。

Give玉造店 岡田

PageTop

スマイル店スタッフのカット奉仕活動のレポート

スマイル店スタッフのカット奉仕活動のレポートです。

毎月老人ホームを訪れ、CUTさせて頂いている。
奈良の葛という小さな駅から歩いて数分、大きな建物が建っていて
幼稚園と並んで老人ホームがある。
初めて行ったのは4年前
朝早くに起きて、電車に揺られながら付いていくと
沢山のおじいちゃん、おばあちゃん達が、待ち遠しい顔をしてくれて
私達はSUTさせてもらっている。
自分達も自然と笑顔になり、1日が癒される。
本当に老人ホームの日は、少しドキドキしながら
毎日楽しんでいます。

PageTop

10月22日 老人ホームへのボランティアカット活動

クリエイトスマイル店のスタッフが、10月22日
老人ホームへのボランティアカット活動に行ってきました。
行ってきたスタッフのレポートです。



10月22日月曜日にボランティア活動の老人ホームへ
カットをしに行きました。
このボランティア活動は、20年以上続いている
スマイルの伝統です。

老人ホームは、奈良の くず と言うところに在ります。

私は、老人ホームへ行くのがいつも楽しみです。
それは、「ありがとう」という言葉がたくさん聞けるからです。
普段、1日で何回 人と接する時に「ありがとう」
という言葉を使ったり・受けたりする事が
短時間の間に有るだろうと考えた時
こんなにたくさん「ありがとう」と言われる事は
無いと思います。

老人ホームの方々は、いつも私達が来るのを楽しみに、
着く1時間位前から カットをする場所で待っているそうです。

喜んでもらえる事は、すごくうれしいです。
「優しい気持ち」と「元気」になります

これからも、ボランティア活動は続けていきます。

PageTop